おこさまの歯並びについて

歯並びに大きく影響するのは生活習慣。
日頃の心がけが大切です

おこさまの顎の発達や、歯並びには、日頃の生活習慣が大きく影響しています。
成長過程においては、頬筋(きょうきん)とベロで歯を押し出す力とのバランスに合わせて顎が成長し、そのバランスが取れるところに歯が生えてきます。
例えば頬を内側から吸う癖がある人は上顎が狭くなりやすく、ベロで下の歯を押すクセがあると下顎が出やすくなります。

また、嚥下癖や指しゃぶり、頬づえ、睡眠時の体勢などの何気ない癖も、歯並びに悪影響を与える可能性があります。
診察を通して、保護者様はもちろん、おこさま本人に癖に気づいていただくことで、生活習慣の改善に取り組むきっかけとなり、治療の効率も上げることができます。

歯並びは遺伝するのでは?という質問も多いのですが、歯並びが悪くなりやすい因子は引き継いだとしても、生活環境が異なれば、そうなるとは限りません。

おこさまに多い歯並びの例

でこぼこ・出っ歯

  • 歯がでこぼこ
  • 食べ物が詰まりやすい
  • 歯磨きがしづらい
  • 八重歯になっている
  • 笑ったときに犬歯が唇につかえる

これは“叢生(そうせい)”といわれ、歯を支えるアゴと歯の大きさのバランスがよくない時にみられる状態です。
普通に歯磨きをしていても、磨き残しやすいので、虫歯や歯肉炎を発症しやすくなります。

歯周病になると、年齢に関係なく歯を失う可能性があります。

受け口

  • 咬み合わせが逆
  • アゴがしゃくれてる
  • 言葉が聞き取られにくい
  • うまく噛めない

一般的には受け口といわれるのが“反対咬合(はんたいこうごう)”です。 遺伝的な要因や生活環境、食生活などが影響しています。

早期に治療を始めることで、手術を回避できる可能性や、マルチブラケットを使用しないで治療できる可能性が高まります。
顎の成長が終了してから“反対咬合(はんたいこうごう)”が見られると、手術が必要になることもあり、負担はかかりますが、咬み合わせ、顔貌ともに改善されます。 手術の場合は健康保険の適用となります。

開咬(かいこう)

  • 口を閉じても、前歯が咬み合わせられない
  • 前歯で物を噛み切れない

口を閉じても前歯が噛み合わない状態を“開咬(かいこう)”と言います。
舌を前に突き出す癖や幼児期の指しゃぶりなどが原因とされています。

前歯が当たる前に奥歯の噛み合わせが当たってしまうので、前歯でうまく噛むことができません。
発音時に息がもれるので、発音も不明瞭となりやすいです。

出っ歯

  • 下の歯よりも上の歯が出ている
  • 笑ったときに上の前歯が飛び出ている
  • 唇が閉じづらいので、いつも口が開いている
  • 唇を閉じるときに、下アゴに梅干し様のコブができる

“上顎前突(じょうがくぜんとつ)”と言われる状態です。
上アゴが前にでていたり、下アゴが後ろにさがっていたり、アゴの前後的に問題はなくても上の前歯が前に傾いていたりと、症例のバリエーションが多数あります。唇が閉じづらく、口で呼吸していることも多いので、 口の中が乾燥しやすくなり、口の中の感染や炎症のリスクもあがります。
また、前歯をぶつけて折れたりするリスクもあがります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

  • “イーッ”とした時に、下の前歯がほとんど見えない
  • 下の前歯が上の前歯の裏の歯茎を噛んで痛い
  • アゴが動かしにくい。口が開けられない
  • 口を開けると耳の前で“ゴキッ”と音がする

幼少時の虫歯などによる歯の早期喪失などが影響して発症する症状です。
下アゴにストレスがかかり、顎関節症を発症するリスクがあがります。
年を重ねていくと咬み合わせは深くなる傾向にあるので、早めの対策が必要です。

交叉咬合(こうさこうごう) 正中のズレ

  • 咬み合わせた時に、上下の歯の真ん中がずれている
  • 奥歯の咬み合わせが逆になっている

歯並びの中心がずれている状態です。放置すると、下アゴはさらにずれていく可能性が高く、成長期を過ぎると手術が必要になるケースもあります。
下アゴの動きにストレスがかかるので、アゴの痛み等を誘発するリスクもあがります。このような症状が見られたら、できるだけ早く治療しましょう。

すきっ歯

  • 上の前歯の間に隙間があって、見た目が気になる

これは空隙歯列(くうげきしれつ)または正中離開(せいちゅうりかい)といわれます。
アゴと歯のバランス、舌が歯を押し出したりした結果歯が前に傾斜することなど、原因はいろいろ考えられます。
一時的なもので治療の必要のないものもあります。
気になったら、まずはご相談をお勧めします。

PageTop